« 遺伝アルゴリズムの理論―自然・人工システムにおける適応 | トップページ | ものづくりハンドブック〈4〉 »

2006年12月 2日 (土)

プロのためのわかりやすいフランス菓子

スポンサードリンク

プロのためのわかりやすいフランス菓子

内容(「MARC」データベースより) 大阪あべの辻製菓専門学校のカリキュラムに沿って編集した、フランス菓子教本。それぞれの菓子を作りながら、菓子の由来や関連するフランス語、材料や器具、型などの知識も深く学べます。

価格 ¥4,800

プロパー仕入れだったと思います。多分2400円位。定価が6825円ですから、まあまあでしょうか?

仕入れのキーワードは、

フランス料理、「プロ」、「柴田書店」かな?

発行年月も最近ですし、ランキングも5桁ですから、仕入れ価格は少し張りましたが、思い切って仕入れました。

出品から売上まで2週間ちょっとです。

私の仕入れのメインは単Cです。2400円ですと105円の本を23冊買うことができますので、本来はそちらを選びます。

ちょっとこの二つの収益を比べてみましょう。

105円棚で仕入れた23冊の8割が平均800円で売れたとすると利益は

(800円x0.85+260円)x23x0.8-105円x23-160円x(23x.08)=11937円  (梱包送料の費用を160円とする)

今回の書籍の利益は

4800円x0.85+260-2400円-400円=1540円 (梱包送料の費用を400円とする)

どう見ても単Cで23冊仕入れたほうが儲かる感じですね(^^;;

ただ、この儲けの中には、23冊の仕入と出品、18冊の梱包発送のための労働が含まれていることを忘れてはなりません。

単純に1冊の書籍を仕入れ、出品、梱包発送したとすると1冊で1540円なら、まあ納得かなと....

せどり情報の宝庫へ人気blogランキングへ

|

« 遺伝アルゴリズムの理論―自然・人工システムにおける適応 | トップページ | ものづくりハンドブック〈4〉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147888/12904473

この記事へのトラックバック一覧です: プロのためのわかりやすいフランス菓子:

« 遺伝アルゴリズムの理論―自然・人工システムにおける適応 | トップページ | ものづくりハンドブック〈4〉 »