« 技術者のためのVisual C++実践プログラミング技法―Ver.6.0対応 | トップページ | ソウル・オブ・ブラック・ムービー―’70sブラックスプロイテーション、オリジナル・サウンド・トラック&ポスター・アートワークス »

2006年12月 9日 (土)

日本の海水魚

スポンサードリンク

日本の海水魚


内容(「BOOK」データベースより)
日本産海水魚約2400種を収録・紹介。同一種でも成長、生息場所、雌雄などにより形態、色彩他の違いも写真で示 す。目と科の詳しい解説に加え、代表種についても形態的、生態的特徴を含めて解説。

価格 ¥4,583


定価5,670円。山と溪谷社の図鑑です。

この山溪カラー名鑑シリーズを売るのは3回目になります。

このシリーズを仕入れたのは、時期は異なりますが、皆同じブックオフで、雑誌コーナーにありました。

「日本の海水魚」の仕入れは1800円くらいだったと思います。

単Cメインのわたしとしては結構思い切った仕入のわけですが、過去に同シリーズを2回売っていることとランキン グが5桁でしたので、時間はかかっても必ず売れると思い仕入れました。

実際、出品から3週間で売れました。

利益額を考えると単Cで、マケプレ価格1000円位の本を3冊売る方が大きいのですが、やはり1個の商品が5千円近く で売れるという快感は特別なものがありますね。


せどり情報の宝庫へ人気blogランキングへ

|

« 技術者のためのVisual C++実践プログラミング技法―Ver.6.0対応 | トップページ | ソウル・オブ・ブラック・ムービー―’70sブラックスプロイテーション、オリジナル・サウンド・トラック&ポスター・アートワークス »

コメント

わたしも一度売りました。雑誌550円maxの店でゲットして、しかも予約5000円が入っていましたので忘れられない1冊です。

投稿: 湘南おやじ | 2006年12月11日 (月) 13時15分

>湘南おやじさん
コメントありがとうございます。

550=>5000 ですか!?
やったー!って感じですね。

雑誌は店舗によって値付けがかなり異なるますが、550円MAXのお店はおいしいですね。

また、コメントお願いします。

投稿: BananaPapa | 2006年12月11日 (月) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147888/12996140

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の海水魚:

« 技術者のためのVisual C++実践プログラミング技法―Ver.6.0対応 | トップページ | ソウル・オブ・ブラック・ムービー―’70sブラックスプロイテーション、オリジナル・サウンド・トラック&ポスター・アートワークス »